初恋の旦那との事象は誰しも記憶に残る小物

「初恋」という言葉だけでそれなりにキュンとしてしまうよね。私も思い起こしただけでキュンキュンしてしまう初恋の恋人がいました。今の夫もサイドは分かるのですが、まさかぼくが恋人を思い出してキュンとやるなんて想像もしていないと思います。
その初恋はしている時大学生のポイントでした。ロマンスにあこがれるお年あたりだ。恋人は際立つ好み作戦はなかったのですが、端正な顔立ちでマイナーな追っかけが手広くいました。ぼくはというと、よく起こる女の人等級の仲間で特に際立つ品物も無く、その他殆どとしてしている時授業生活を送っていました。
そういったぼくが、こんな恋人に恋をしてしまったのだからどうしようもありませんでした。先方は山ほどいるし、例え恋が実っても何を話したらいいのかもわかりませんでした。しかし、講義替えの年、なんとその恋人とおんなじ講義になれたのです!感激しましたし、どうしようも無く懸念しました。今だから言えますが、まったく学業なんて聞いてませんでした。恋人ばかり見ていました。心がいいのに学業している時はほとんど寝ている恋人をまさに恋する視線で見つめていました。すると、怪しげな人気に気付くのか恋人がこちらを振り向くのです。慌てて目線をそらします。そういったストーカーちっくなことをはじめ年日数続けていました。只今思えば恋人からすると、かなりうっとうしかったと思います。
そしてこういう恋が実ったのかというと、そんな意味はなく高校生で恋人は進学校へ、ぼくはフツーの高校生へ進学し、これっきりだ。
でも、今でも恋人が振り向いた瞬間の風貌が忘れられません。きっと、実らなかった恋だからこそ上手く思い出されるのでしょうね。コドミンって効果ある?